ITホスピタルトップページ >> 病院HPとは

ホームページの効果

インターネット人口が1億人を超えたとうい情報が、入ってきています。それと同時にホームページの見直しが始まっております。ホームページは、誰でも簡単に作成できる時代になってきましたが、本当にそれでいいのでしょうか?ユーザビリティー・アクセシビリティーを考慮したデザイン、SEO対策など考えたホームページと比べて違いがはっきりします。また、毎月のドメイン、サーバーの管理費を払っているだけの物になってないでしょうか?ホームページは制作後が本番です。毎月更新してこそ、患者様に定期的に、見られます。ホームページは、患者様に見られて初めて来院され、効果が出ます。

他の媒体との違い

他媒体との違い

紙媒体との違い
ホームページと紙媒体の大きな違いは、載せる情報量・24時間閲覧可能なところです。
DM広告みたいに決まったサイズに載せれる情報の制限がありますが、ホームページは、情報の制限がありません。患者様にしってもらいたい事を、制限なく情報発信が出来ます。また、1度拝見した広告は、捨てられてしまいますが、ホームページは24時間誰でもが閲覧できます。

電柱媒体との違い
『電柱に付いている看板をちゃんと読んだことありますか?』と聞きますと、7割以上の方が『NO』と答えます。普段歩いている時や、車を運転している時に電柱を見る人がいても読む人がいないのが現状になります。ホームページは、患者様が最も知りたい情報を載せる事によって、必ず多くの方に見てもらえます。診療情報、診療時間、住所、電話番号など、ホームページを訪れている人にとって、見やすいように導線を引くことによってクリック数も増えます。

ポータルサイトとの違い
ポータルサイトは、ホームページがあって始めて効果がでます。今、様々なポータルサイトがありますが、ただ病院名と電話番号が載っている所もあります。これでは、効果が生まれません。ポータルサイトからホームページに行くようにリンクを張らないと意味がありません。

時代の変化

これからインターネットを活用したビジネスが本格化してきます。日本にインターネットが急激に普及され始めたのが、1995年にWindouws95が発売された頃になります。それから、15年近くなります。今の40代~50代の人達は、インターネットが日本に一般的に普及した世代の始まりの人達になります。それから現在、インターネットは当たり前になり、多くの人達が様々な目的で使用いたします。そこで、ホームページが古いままでは、ホームページを見た人にいい印象を与えません。ユーザビリティーやアクセスビリティーを考え患者様に見やすい、使いやすいホームページを作ることが、より一層に集患力が上がります。

お問い合わせ 無料資料請求
0120-115-653
まずはお電話 0120-115-653
お問い合わせ 無料資料請求
医院開業コンサルタント